FC2ブログ
人を想う…
先日、これからオープンする会場で行われた
シミュレーション披露宴に列席させていただきました。

その結びに各セクションへのサプライズがあったんです。

突然のインタビューに私はうろたえました(>_<)
しかも!!弊社の司会者が司会を担当していてて、
また見学に入っていたマネージャーまで私に内緒にして…

マネージャーは1席目がお披楽喜したら、先に会場を出るかも
しれないって言ってたのに、長くいるなぁ~なんて思ってたんです。

意地悪なスタッフ達です(笑)

そのあと、「これからよろしくお願いします」と
私のバンケットでは同じテーブルに音響・映像部さんと
美容部さんと私が前に呼ばれてお花をいただいたんです。

驚きました。

お仕事をいただいて、「これからよろしくお願いします」は
私達のほうなのに…

人一倍感動しやすい私は担当プロデューサーからお花を
受け取った時、感極まっていました。

そのお花がね…
めっちゃブルーヴェールをイメージしてくださっているんです。
なんだか、それがとてもとても嬉しくって。

そしたら、美容さんへはピンクのアレンジ、
音響さんには真っ赤なイメージ、
チャペル関係の会社には音符のオブジェがあしらわれたりと、
各セクション毎に花束が違う事を、別会場で司会をしていた者からも
聞きました。

きっと、相手の喜ぶ事をイメージしながら、
装花部さんと打ち合わせをされたんですよね。

そうやって、自分の知らない所で一瞬でも私達の事を
考えてくれた人がいるって思うだけで幸せですよね。

私達も「よろしくお願いします」という気持ちを込めて
現場でお返ししなくっちゃ!!ですね。

ありがとうございます。
F1010014_convert_20100423003220.jpg


【2010/04/20 23:53 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
自問自答
今日は朝から生駒のお墓参りに行ってきました。

家にもお仏壇がありますが、お墓掃除をしてお花を添えて…
手を合わせてどのくらいだろう、母がお経を唱えている間
はじめはおじいちゃんやおばあちゃんや天国にいる大切な人達へ
心の中で話しかけていたのですが、その内容がどんどん
自問自答になってきました。

私は迷った時や悲しい時、ピンチだなって思う時や、
嬉しかったり、感動したり、感謝した時のように感情の伴う時や
電車の中や寝る前、お風呂に入りながらなど、
いろんなシチュエーションで自問自答します。

と、いうより自分に質問がやってくるんです。

今、私は何を得ようとしているのだろう。
今、私は何を学ばせていただいているんだろう。
今、私が仕事をさせて頂ける意味は?
今、この喜びを次につなげる為には?
今、この感謝の気持ちをお返しするためには?

状況に応じて数え切れないいろんな質問が自分に飛んできます。

そして答えが出た時、必ず締めくくる
言葉と感情があるんです。

… 今、… 教えていただいて … 感謝します。
… 今、… 与えていただいて … 感謝します。
… 今、… 学ばせていただいて … 感謝します。
… 今、… 改めてこの人と出会えた事に … 感謝します。
… 今、… この時を迎えている事に… 感謝します。

答えは様々ですが、最後は必ず感謝しますって思うんです。
それも心からの「ありがとう」が湧き出る感情まで持っていきます。
いえ、自然とそのパワーが溢れます。

だから私はよく自問自答をするのかもしれない。
自然に自分に問うのかもしれないです。

でも、いつもそんな穏やかな答えが出る訳でもなく、
たまには答えが出る前に、悔しさや、怒りや、
情けなさとか、もやもやが出てきたり、不安におしつぶされそうで
眠れない日もあるけど、そんな時はもう考えないか、
わざと自分に角度を変えて問いかけたりして(笑)

それでも答えが出なかったり、感謝の気持ちがうわべの言葉だけで
感情まで湧きあがってこない時は、まずその現状を素直に受け入れるように
しているんです。

この状況を人のせいにしない。
答えが出ない悩みがある時は、私に責任がある事を受け入れるんです。

何か、理由がある。誰かではなく、私にある。

受け入れる。

そしたら少し心が軽くなる。
自問自答もたまにはいいもんですよ。




【2010/04/18 00:34 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
☆侑平くん☆
今朝、とっても嬉しいメールが届きました。
見ているだけで幸せになれる満面の笑みです。
侑平くん1
めっちゃ笑ってるやん♪と思わず口にした私(#^.^#)

かわいいでしょ~♪
3月21日に2618gで誕生した侑平(ゆうへい)君です。

2008年11月に堺のリーガロイヤルホテルにて
披露宴の司会をさせていただいたご夫婦の第一子
こんなにかわいい写メを私にも送ってくれる事に
とっても嬉しくって♪嬉しくって♪

実は以前ブログにもご夫婦の披露宴当日の写真を
ご本人達の許可を得て載せているんです。
そこにも記載していますが、ご縁をいただいたきっかけは
私が社交ダンスの司会をしていた時に出会った素敵なご夫妻の
お子様なんです。

ご家族みんな素敵な方々で、そして新しい家族がもう一人
増えたんですもんね

きっとおじいちゃんのようにユーモアで
おばあちゃんのように綺麗な顔立ちで
パパのように大きな体で友人に恵まれて
ママのように肌がきれいでかわいい侑平君になると思います。

会いたいなぁ
写真2
元気に育つんだよ





【2010/04/13 22:25 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
祝!出産!!
ブルーヴェールはおめでた続きです

4月3日に弊社司会者の赤ちゃんが生まれました♪
2740gの女の子です。
名前は桜ちゃんSN3D0105_convert_20100409231726.jpg

もっと早くブログに載せたくてウズウズしていたんだけど、
名前が決まったら公表しよう!!と話していて、まだかまだかと
楽しみにしており、昨日の夜に「命名!!」と教えてもらったんです。

桜ちゃんってかわいい名前ですよね(#^.^#)

3日、お昼過ぎに「破水して入院しました!根性の見せどころです!」と
めっちゃ男前なメールが届き、オロオロして緊張した私(笑)

電話したいけど、それどころじゃないし…
メールの返信だけして、あとは心の中で願っていました。

彼女はブルーヴェールMCスクールの卒業生です。
私が信頼している司会者の一人で、私が専属で担当していた仕事は
彼女にも経験させてあげたくて、式典の勉強を兼ねて一緒に淡路島に行ったり、
社交ダンスの司会やサッカー関連の司会の仕事など、
考えてみれば一番私の見学に入った司会者だと思います。

赤ちゃんを授かった事をご両親より先に教えてくれた日の事や、
会場へ産後復帰できるように、挨拶をした際に担当者達が
心から待っていますよ…とみんなが話してくださって、彼女の人柄を
改めて感じたこと。

また、自身はもうすぐ出産を控えた妊婦なのに
私の体を気遣ってオレンジやみかんなどをたくさん送ってくれたこと…

なんだか急にいろんな事を思い出していました。

すると…メールが!!!!!

入院して3時間弱、分娩室で20分で誕生!!というスーパー安産だったという
報告を聞き、飛び上がるような嬉しさがこみ上げてきました。

本当におめでとう

4月3日は京都は晴れで、桜が満開だったそうです。
彼女のお父さんが鴨川で桜の花びらをたくさん集めて、
出産後の彼女に渡したそうです。

素敵なエピソードだと思いませんか?

私はジーンと胸が熱くなりました。最近、とっても涙もろいんです

桜ちゃん、元気に大きく育ってね♪
会いに行くからね!!
SN3D0114_convert_20100409234526.jpg
そしてママのように出会った全ての人に
幸せのエッセンスを加えてあげられるような素敵な女の子になってね♪


まどかおばちゃんより
【2010/04/09 23:26 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
「三手」
今日、何気なくフリーペーパーを読んでいたのですが、
その特集が『婚カツ』だったんです。

「こんな人と結婚したい!」

時代の変化と共に、相手への想いも変化したそうで、
80年代は「三高」
(私の記憶では「3K」だった気もするんですが…)

学歴・収入・身長

しかし今は、「三手」なんだそうです。

伝う・を取り合うをつなぐ

なんだそうですよ。

手伝う…家事や育児への積極姿勢
手を取り合う…お互いの協力と理解
手をつなぐ…愛情


私、これを読んでて思ったのですが
きっと「三高」を求めてた人達も、「三手」が備わっていればもっといいと思うし、
逆のパターンでも「三高」が入っているから嫌だとは言わないと思うんですよね。

ちなみに男性が女性に求める結婚の条件として、
昔は家庭に入ってくれる人だったのに対し、
現在は結婚後も働いてくれる人なんですって。

もしかしたら今度は男性が女性を選ぶ、「三○」なんて言葉が
生まれるかもしれないですね。

私は主人と出会った時の第一印象は

「なんてインチキくさいんだろう」

と思いました。笑い方も大嫌いで、当時乗っていた車(サーフ)の
内装にもどん引きでしたが、結婚しました(笑)

理想の人とはかけ離れているけれど、仲良しで大好きです。

これから結婚される方も、理想の人もいいけれど、
現実的に自身を幸せにしてくれる人と出会えたらいいですね♪
【2010/04/08 22:41 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ