FC2ブログ
感じのいい人
皆さんの周りに感じのいい人っていませんか?

私は今日まで名前も知らなかった駐車場がななめ前のサラリーマン風の
男性をいつも『感じのいい人だなぁ』って思っていました。

我が家のマンションの1階にオフィスがあるおじいちゃん税理士の
事務所でお仕事をしている税理士さんだか事務員さんだかの男性なんですが、
居住者のみんなにいつもニコニコしていて謙虚なイメージで…

そんな彼の名前を知る事になったのは、大家さんの奥さんから電話があり、
なんと我が家の停めてあった車にぶつけたと言うんです。
『ぶつけた』といっても『こすった』くらいなんですけどね。

呼ばれたタクシーが停まっていて、よけて切り替えそうと思った時に
我が家の車の前方にコツンとあたってしまったようです。

これね、不思議なもんで…

普段、挨拶しかしたことがないんだけど、
いつも良い印象の人だから、起こってしまった現実に対して
仕方ないなぁ~くらいで私は思ったんです。

ただ、その現実は確かにキズと小さな凹みがあるので、
修理は出させてもらいますが、それも何だか申し訳ないなぁと
思ってしまうほど。

でも、普段から横柄な態度だったり感じの悪い人だったら
同じ事をしたとしても私が抱く感情は違ったと思います。
絶対に違ったでしょう。

これは全ての人間関係に通じますよね。

私は周りの人から見て、感じの良い人間でないかもしれません。

でも、ブルーヴェールを立ち上げてから、周りに対しては
プライベートでもビジネスの世界でも謙虚に、そして、なんとなくでも
いいから感じの良い人になりたいと思うようになりました。
(見せかけだけではダメなんですけどね…)

沸点が低い私の事をよく知っている弊社の司会者は
「ウソ!」って思うかもしれませんが…

私が一人の司会者として、フリー司会者としてお仕事をしていれば
別ですが、全ての責任が自分にあると思うようになってから、
随分丸くなり、低い鼻もいっぱい折られ、謙虚になったと思います。

弊社の司会者を見ていても思います。

同じ会場で同じような事をしても、お叱りの受け方が
全然違う者や同じようなスキルでも先方からの評価が違う者がいます。

それって、普段の姿勢ですよね。

私はよくスタッフに
『今、そこで、必要とされる司会者になりなさい』と言います。

どんなに積み上げた経験でも、いつの日か邪魔になってしまったプライドも
自身が入れる事になった会場で必要とされない司会者であったら意味が無い。

でも、積み重ねた経験や努力は無駄ではなく、司会者の糧です。
では、何が必要か…

私は常に謙虚な気持ちだと思います。

自信があるからこそ、謙虚であり、
自信がないときこそ、謙虚であるべきです。

きっとそういう心が周りになんとなく
『感じの良い人』と思われるのではないかなって思います。

私ももっとたくさんの人や環境に感謝できる
謙虚な心の持ち主になれるように努力しなきゃです。

一歩でも『感じの良い人』に近づきたいです。
【2012/09/25 23:21 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
引退
もう、今日は何度泣いたんだろう…

私、金本選手の引退会見を22時以降のニュース番組で
ほぼ毎回泣いた…

インタビューで出た

「弱っている時に支えてくれた人に恩義がある」

とか

「2割、3割の喜びの為に頑張れる」という
言葉の重みに泣いたんです。

私は阪神ファンだし♪金本も大好き♪

でも、今日は心に響いたなぁ。。。

だって、経営者だって、弊社の司会者だって
現役の○○○っていう、手に職のジャンルの人は
いつの日か引退ってあるもんね。

なんだか響いたなぁ。
【2012/09/13 00:28 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
マウス
私はもう司会をしていないので、仕事はデスクワークが中心です。

最近、私が自宅で使用しているPCが2台とも調子が悪く、
先日急にダウンした弊社スタッフのPCの話しを聞いて
ドキドキしながら、買い換えなきゃなぁ…と思いながらも
PCの引っ越しを思うだけでなかなか買い換えできない私。

そんなこんなで、先に長年使っていたノート用のマウスがとうとう
接触が悪く⇒使用できなくなり、合わせてプリンタインクやFAXリボンも
買わなきゃで私がほんっまに「なんでやねん!」といつもい心の中でツッコミを
入れてしまう家電量販店に行ってきました。

そんなに相性が合わないなら別の所に行けばいいのですが、
駐車場が広くて自宅から近いんですよね~

そこで、今後PCを買い替える事も念頭に入れて
windows8まで対応とやらのマウスを買おうと思ったのですが、
(今は7なの?)やっぱり手に馴染む物がいいなぁ~と、
この見本はどれにあたりますか?と近くを歩いていた店員さんを
見つけて声をかけたんです。すると、名札の下におそらく本人の字で
「親切・丁寧な接客」と書いてある彼が

「あ~、置いてないものもあるんで無いかもしれませんね」って。
どこかに行ってしまいました。

仕方ないし、これかな?と思うサイズと機能で選んで購入。
自宅に戻って早速使ってみると、肩が上がって疲れるんです。

そんなに意識していなかった私が悪いんですが、
以前使っていたものよりも大きいから腕と肩が自然に上がって
しまうんですよね。

それを主人に話して、2380円を2000円で買わないかい?と
いろいろな機能を通販の司会者のように紹介し、「さぁ!どうだ!」
と投げかけたら、「買ってくださいやろ」とニヤニヤしながら言われ、
結局買ってくれたイチビリな主人に感謝しつつ…

なんとも思っていなかったマウスの大きさや手のフィット感を
改めて感じた私。

何でも自分に合うと思ったら大間違いだもんね。
もっと、いろんな事に繊細にならなきゃだなぁ~

私はそういう部分に欠けるから、
見直さなきゃだなぁ…






 
【2012/09/05 02:09 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |