FC2ブログ
ビストロ・ヨシムラ へ行ってきました♪
先日、お世話になっているゲストハウスのブログを読んでいて、
食いしん坊の私にとって気になることが書いてありました。

キッチンスタッフさんの毎年の恒例行事でもある
竹の子掘りの内容だったのですが、そのメンバーの中に
総料理長のご友人のビストロ・ヨシムラのシェフも参加していた
と書いてあったんです。

総料理長のご友人のお店…美味しそう!

そんな想いから早速チェックしたら、自宅から車で20分

これは行かなくっちゃ

総料理長にお話ししたら、「ぜひ僕の名前も出していいからね」と
言ってくださり!(^^)!

そして普段から助けてもらっている母を連れて
ランチに行ってきました♪
DSC_0113_20130531163201.jpg

予約しておいて良かった~
DSC_0114.jpg
満席です

普段、もうすぐ3歳の娘との食事なのでコース料理なんて
食べる機会もないので、今日は母への感謝も込めてメニューを
選びました。

全てとっても美味しくて、いろんなお料理に自家製野菜が
使われていて母も私も大満足!!!
うまく表現できないのが悔しい…

紅茶も美味しかった~♪

最後にシェフも出てきてくださって、美味しいお料理と
素敵な時間を過ごさせていただいたお礼を伝え、
とっても幸せな気持ちで帰ってきました。

今度、主人が帰ってきたら連れて行ってあげたいな。

新しいお店との出会いにも感謝です♪
【2013/05/31 16:18 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
誰かのために
昨日、お世話になっているゲストハウスでオープンから
8年間お世話になっていたコンシェルジュの大好きな主任の
送別会に参加させていただきました。

そのスタートから送別会とは思えないくらい、
まるでイベントのような雰囲気。
みんながその日をとてもさみしい気持ちは同じだったと思う。
けれど思いっきり楽しみながら送り出そうという一体感が
あったような気がします。

この会場に集う皆さんはすごい。
うまく表現できないけれど、ここの一員として
一緒にお仕事をさせていただき、学ばせていただき、
仲間として参加させてもらっていることが心から幸せです。

畏れ多くも総支配人や総料理長と同じテーブルに座らせてもらい
普段お話しをするのも緊張するのですが、いろいろと話しかけて
くださったこともとても嬉しかったです。

私は…進行役のスタッフさんに
「木場さん!ケーキ入刀をお願いします」と言われて「へぇ??」
私、3,4年は司会をしていない(*_*)

これは困った!!!!!

と緊張したのですが、弊社の司会者が遅れて到着したので、
「よし!」と満面の笑顔で彼女を迎え、ビールを1杯飲んで
もらった後に私がステージに呼ばれたので少しだけご挨拶と
主任にインタビューをしながら、ケーキあるの?と事前に確認
しなかったこと、キューが来るの?など、少し司会者の気持ちに
戻りながら(笑)ケーキを発見して安堵した後に突然司会を任命された
彼女が担当してくれました。

フフフ。助かった!(^^)!

主任に向けてのサプライズインタビューなどで盛り上がり、
あっというまのお披楽喜前に、主任のもとで働いていらっしゃった
スタッフさん達からのビデオメッセージや主任への想いがギュッと
つまった素敵な映像が流れたんです。

私、号泣。

今は事務所なんですが、思い出すだけでウルッてくる。

主任のために、残った社員さんやアルバイトさんたちが
一生懸命に作ったんだなって。
ここまで人に思われる主任って素敵だなって。

誰かが誰かのために動く想いが重なるとき
そこには大きな力が生まれますね。

とても胸に響きました。

また8年前に開業準備の頃からバタバタと同じときを過ごせた
思いもそうだし、主任はたくさんの女性スタッフの上に立たれ
その大変さも私なんかでは足元にもおよびませんが
少しわかるような気がするからかな。

それにしても泣けたなぁ~

その帰りに、弊社からは私を含めて4名参加させて
いただいたのですが、なんだかみんなすごくいい感じで♪
「泡(ビール)行こう!」と女子会のように2次会に
行ってきました(笑)

送別会は寂しいのに、心はとてもあたたかく
満たされながら…

私にとって大切なスタッフとの時間も楽しみました。
私も彼女達のために、一つでも多くの感謝や幸せを
届けられる人でありたいな。
IMG_8285_convert_20130529203839.jpg
【2013/05/29 20:27 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
【和】
「和」って素敵な言葉・漢字だと思いませんか?

「日本」を意味する文化的概念の和風や和服、和食…
それに「和み」や「調和」など、特に大人になってから
欲するキーワードが多い気がします(笑)

なぜ、今回のテーマがそうかというと!(^^)!

今日は早朝から梅田でお仕事をさせていただいている
お取引先様の避難訓練に参加させていただきました。
ホテル・テナントの合同避難訓練。

また一つ新しい課題も増え、訓練や事前検証は
どこの会場様でも何度参加させていただいても
足りるところはありません。

何度でもが必要なんです。
万が一に備えて…

そして、避難訓練の後にそのホテル様の司会者勉強会を
事務所で行うため、みんなで北浜に戻ったのですが、
そこで午前は別件の予定があった司会者のちあきさん
(最近、プライベートでこう呼んでます♪)が、
みんなの休憩に…とかわいい風呂敷に包まれたものを鞄から
取り出し、「柏餅と桜餅です」って言うんです。

大好き!!なんですが、さらに驚いたのが、
両方とも手作りって言うからスタッフ一同ビックリ

そして勉強会が終わったあとは手作りの柏餅と桜餅を
みんなでいただきま~す!の前に
感動して写メタイム
DSC_0106.jpg
DSC_0108.jpg

香りがいい♪とか美味しい♪とか
どうやって作ったんですか?など
会話も弾み、私もホッと一息。

幸せな時間を堪能していました。

すると、あれ?????

口の中に異なる食感が!

私は柏餅を頂いていたのに、桜餅を食べているみんなの
話を聞いていたら柏の葉まで一口頬張って
一緒に食べてしまい(笑)

それをみんなに言おうかと思ったものの、
なんだか和やかな時間に「ま、いっか」だって。

ふふふ。

初夏らしいちあきさんセレクトの懐紙にそっと包み。
ちょっとワイルドだった私。

そういえば、前回は手作りのキッシュなどをいただき
今回は和菓子。すごいよねぇ~

柏餅も美味しかったし、バリに行ったスタッフからのお土産も
一緒にいただきながら何よりみんなとの何気ない会話の時間を
とれたのが幸せでした。

忙しい日が続いても、心なくさず、
和やかな気持ちで過ごしたいものです。
【2013/05/23 23:50 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
人と人の間の中で
私のもとにはいろんな【報告】が届きます。

書面であったり、メールだったり、スタッフとの会話だったり…

なんせ小さな司会事務所ですから、マネージャーと分担しても
最近の事務量は少し多く感じるこの頃で、最近は次に新しい
お取引先様が増えた時にはもう一人内勤スタッフにお仕事を
お願いしたい…そんなことを夢に抱いているのですが(笑)

でも、いろんな業務があって、いろんな報告があるけれど
やっぱり弊社の司会者達の嬉しかったことを聞くと
それだけで心が幸せで満たされます。

『人』とかかわる仕事の一番の喜びを
手にすることができた瞬間の一つ。

この幸せはきっと私が同じ司会者という立場の時と
今の私の時とでは違うと思う。

すごく、すごく嬉しいんです。

例えばここ2、3日の話。

弊社の司会者Aが休憩室で話していた別の司会者Bと会場スタッフとの
会話に入った時に、その会場スタッフさんが私が結婚するときは
絶対Bさんがいい!と話していたのを聞いていて、後輩として
鼻も高く(笑)とても嬉しかったという話を私に教えてくれました。

それは別件のメールに添えてあった文章だったので、
読みながら書いてある文面のあたたかいAさんの人柄や
会場スタッフさんにそう言ってもらえたBさんのことを思って
幸せでした。

同日、Bさんから別の内容の報告メールが来たので、
Aさんの報告をこうして言ってくれていましたよ…と
Bさんに教えました。

すると翌日、そのメールを見たBさんから
Aさんがそう言ってくれていたんですね!というところから
同じようにとても嬉しいことがあったんです!と
違うハッピーな報告をしてくれました。

Aさん、Bさんの自分の事以外でも喜べること、
自分の事でも喜べること。きっとAさんとBさんのつながりは
また深くなるでしょう。

人が人を大切に思うとき、認め合うとき、分かち合える時に
また一つ新しい関係が生まれると私は思っています。

今月私が読んだ本の中で永松茂人さんの
「感動の条件」の中で好きだなって思った文章がありました。


人と人との間にあるハッピーコミュニケーションこそ、
本来の幸せなのではないでしょうか?

ですから「人間」という言葉があるのかもしれませんね。


私なりの意見ですが、コミュニケーションだけでなく
自分対相手の中でハッピーを見つけ出せたり、
感謝の気持ちを抱くことができることが
とても幸せに感じるからこそ、新しい幸せが生まれるような
気がするんです。。

しかし、実際の私は眉間にしわが寄ったり、
感情が沸点に達さないように…とまだまだですが(>_<)

でも、誰かと私の間にたくさんのハッピーが生まれるように
もっともっと人として成長したいです。
【2013/05/22 23:57 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
♪小鳥の結婚式♪
今日はとても気持ちのいいお天気でしたね。

朝、私はお世話になっている大坂の会場で
少しの時間ですが幸せな気持ちと感謝の想いを一緒に味わえる
大好きな時を過ごさせてもらい、その後はお世話になっている
神戸北野の会場へ向かいました。

ご挨拶を済ませ、リハには間に合わなかったので
人前結婚式を音響さんがいる2階から見学していたんです。

新婦様には6歳のお嬢さんがいらっしゃり、まるでもう一人の
花嫁さんのように可愛らしい、妖精のような雰囲気でした。

指輪の交換の前にリングガールをお嬢さんが務めてくださったのですが、
渡し終えた時、司会者から「ここでプレゼントがあります」みたいな
コメントを入れた後、みんなが見ている一番前でちゃんとゲストの方を向いて
まるで一つのショーが始まったように歌を歌い始めました。


森の小鳥の 今日は結婚式だ
  ディディラララララ…
ツグミは花婿 メジロは花嫁
  ディディラララララ…
小柄な花婿 可愛い花嫁
  ディディラララララ…

牧師はミミズク 鼻メガネかけて
  ディディラララララ…
真面目な顔して お祈り捧げる
  ディディラララララ…
空高くヒバリ 祝いの歌うたう
  ディディラララララ…

腕によりかけ モズはごちそうつくる
  ディディラララララ…
愉快に飲め飲め 元気に踊れや
  ディディラララララ…
さてもにぎやかな 小鳥の結婚式
  ディディラララララ…


ドイツ民謡の『小鳥の結婚式』です。

この歌の途中くらいから、列席者の多くが
泣いているのがわかりました。

一生懸命歌っている幼い彼女。
新郎新婦は後ろで見守りながら涙が出ていました。

列席者20名ほどの人前結婚式はあたたかさと
喜びと祝福で溢れていて、2階で誰の目にも触れない私は
涙があふれてきました。

後から知ったのですが、幼稚園で習った歌だそうで、
でも人前であんなに嬉しそうに歌えるのは
お嬢さんにとっても嬉しかったんだろうな。

歌詞の掲載はインターネットでの検索結果なので
もし正確でなかったらごめんなさい。

そのあと、両家の会食の時間も司会者を入れていただいていたので
お披楽喜まで見学に入っていましたが、お嬢さんと両家、そして
新夫婦の絆を結ぶ特別な時間になっていたような気がします。

幸せな気持ちに浸っていたら、見覚えのある顔が…

お互いに「あれ?」

私がまだ司会者だったころにお世話になっていた
キャプテンさんとの再会!!!!!

お互いに「変わったような。変わっていないような…」

もう10年は経っているから、変わっているに決まってる(笑)
でも彼は変わっていないような。。。

今日も幸せな一日でした!(^^)!
【2013/05/12 23:33 】 | ブルーヴェール | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ