FC2ブログ
『声』
93才のおじいちゃんに久しぶりに会いに行ってきました。

ブログにも時々登場する、私が大好きで尊敬している祖父です。

パソコンで動画や画像編集をこなす日々。

きれい好きで器用なおじいちゃん
遊びに行った日は栗入りのお赤飯を炊いていました。

そんなおじいちゃんは先日、町内の中学校にて大勢の学生さんの前で『戦争体験者』として話を頼まれたそうで、おじいちゃんはとりとめない話にならないようにと原稿を作成し、どうせなら後世に伝えようと、まるで本のような編集(笑)


話を聞いた学生さんからのレポートを拝読し、胸一杯に

感動し、誇らしい気持ちでいっぱいになりました。


しっかりしている…とは思うものの、いうても93才。そんなおじいちゃんが10代半ば頃の学生さん達の前で戦争体験を話すということ、それを聞くということ、私の大好きな言葉『言葉の温度』が届いたのでは?と思いました。

そして、学生さん達から届いた感想文はかなり数があったので抜粋はしましたが、思いを読ませていただきました。

学生達からおじいちゃんへの『声』だと思います。

ふと、新郎新婦様やゲストの方から届くアンケートを思い出しました。
思いであり『声』です。

届けてくださるからこそ分かる事がいっぱい。

だからこそ、唯一『声』を大切な時間に使って披露宴を彩る事ができる、想いを届ける事ができる司会者の仕事って大変だなって思います。

大切にしなくちゃですね…
【2017/10/19 23:25 】 | 新着情報 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<『視覚障がい者』の方に向けて | ホーム | 打ち合わせレッスン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluevert.blog28.fc2.com/tb.php/1077-2830739c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |