FC2ブログ
記憶
あんなに鮮明だった思い出がどんどん遠くなって、記憶が薄くなっていって…

でも、急に思い出したりして。。。
 
私が19才の時に亡くした大切な人のこと、当時は四六時中考えてました。

それから新しい恋をしたり、環境が変わったり、日々の生活も変わり…

寂しい時や励まして欲しいとき、嬉しい報告があるときなど、私都合で勝手によく思い出しては話しかけ

ブログにもチョコチョコ登場するよね(笑)

命日の10月31日だけは必ず毎年、手をあわせて話しかけ…

ふと見たくなって取り出した私の日記

私が彼と出会った経緯や二人の時間、亡くなった日のことやお葬式…とその時の思いが重たいくらい赤裸々に…

誰にも見せることもない、私だけの記録。
永遠に消えることのない、私だけの記憶。

そこから学べたたくさんのこと。

私はいつの日か、誰かの記憶に残れる人になれるのかな?

そんなこと考えるのはおこがましいな

生きていることに感謝できるだけで、幸せか

今日もそう思えて、
ありがたいな

【2018/11/01 11:57 】 | 新着情報 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<司会台に | ホーム | ならじかん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bluevert.blog28.fc2.com/tb.php/1173-99dcd052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |